どうせなら自作してアップしたい!

>

インターネットでの表現方法の拡大

インターネットではどんな動画表現があるか

さてそのインターネットですが動画表現というと携帯カメラやビデオカメラで通常の動画を撮影しそのままアップする人や、加工をスマホやPCでエフェクトを施し、オリジナルな凝った動画をアップする人、また映画のようにストーリーを付けて自分で演技してアップする人、アニメ作成を行いアップしている人、挙げたら枚挙に暇がありません。
これだけ表現が多様化しているのはやはりアプリやソフトウェアの飛躍的な進歩が大きいと思います。
ただこれだけ数が多いと出来のよさも様々でネット上でごった煮の感も大きいです。
上手な方は驚くような効果的動画ですし、中にはさらっと見て済ましてしまう目に留まらないインパクトの無いものもありますね。

色々な動画の提供とその傾向

そして提供媒体も山のように存在し、色々な業態から発信が出来るようになっていますね。
現在代表的なのはやはりSNSでしょうか、他にはブログ、ホームページ、インスタグラムなどが挙げられるでしょうか。
やはり皆さん使用しているのはその手軽さからSNS、インスタグラムがほとんどかと思います。
その一番の特徴は皆さん個人の生活から手軽にアップしていますね、日常のさりげない事柄なども動画にしてしまう軽さですね。
また特別なアプリやソフトで加工された動画も多いですね、これは非常に面白いものが多く、今の主流になりつつありますね。
このように動画表現はいまや当たり前の表現として定着し、各自が独自の工夫を凝らして自由に楽しむものになってきています。


シェアする